異性の趣味友達を作る方法と注意点は?

異性の趣味友達を作る方法と注意点は?

ネットで異性の趣味友達を作る場合

 

 

 

趣味友達がほしい場合、ネットで探すのであればSNS、Twitterやラインなど様々な物がありますが確実性があるのはSNSでしょう。

 

Twitterやラインなどは常に情報を発信する、もしくはある程度そのジャンルで成功している又は有名人であればフォロワーも多く、友人作りには事欠きませんが、一般人には難しい注文です。Twitterなどでは自分から話しかける勇気や動機付け等も必要であり、特に異性だと怪しいと感じられ断られる可能性もあります。

 

SNSであれば、自分が好きな趣味で友達を作るにはコミュニティに入るのが一番早いでしょう。そのコミュニティに入って掲示板などに、私は〇〇が好きです、と書けば同じ趣味や思いの人からある程度アクションが望めます。そこから趣味友達を作るのが良いでしょう。また異性の場合でも好きなものが同じ、となると打ち解けやすいです。きっかけ作りはリアルで話すよりかは比較的ハードルも低くなります。

 

ただネットだとTwitterやSNS含め、友人関係になれたとしても実際に会う事や距離が遠すぎたりするとネットだけの友人関係となりかねないのがデメリットと言えます。

 

出来るだけ近場で遊べる様な友人を作れる方が良いでしょう。オフ会が盛んに行われているコミュニティだと、実際に会って友人関係になれような異性と巡り合える可能性はグッと高くなると言えます。

 

 

 

実際に会って異性の趣味友達を作るには

 

 

 

趣味友達を実際に会ってその場で作り始めたいというなら、何らかのイベントや趣味の人が集まる場所に行くしかありません。ただ単にアーティストが好きでライブに行っているだけでは間違いなく異性の友人は出来ないでしょうが、例えばそのアーティストが開催する少人数イベントに行くのは有りです。もちろんファンクラブに入っていないと招待されないようなお食事会であったり、シークレットライブだったり狭き門になるかもしれませんが、趣味友なのですから、もし会えれば話はしやすいでしょう。

 

運動が趣味だとしても、一人で走っていては中々出会いもありません。しかしジムに入り、ジムが開催している少人数マラソンイベントなどに参加してチャンスを狙うなど、なにかしら行動して自分から話しかけるなどしなければいけませんが、一人で走っているよりは友人が出来る可能性は上がります。

 

 

 

 

 

アプローチされるのを待つ場合は

 

 

 

自分から声をかけたりメールをするというのはハードルが高いです。特に異性の場合は難易度はさらに上がります。

 

趣味で声をかけてほしいのなら、やはり目立つしかありません。SNSであればプロフィールをしっかり入力したり、目を引く画像を載せたりするなどです。

 

実際にその場所でアプローチされたいならば服装やスタイルなどよりも、物で勝負する方が良いでしょう。例えば車などの趣味友を作りたい場合は、変に改造したりしすぎない程度にオシャレなカスタムをしておくなど、声をかけられやすい状況を作る努力が必要です。

 

 

 

 

 

異性の趣味友達を作る時の注意点は?

 

 

 

実際に仲良くなれそうだと感じて友達になるとしても、やはり異性だとどうしても多くの問題があります。まず相手がフリーかどうかです。もし彼氏や彼女がいる場合は相手に浮気を疑われてしまいます。最悪既婚者だった場合は浮気だとして慰謝料を求められてしまう危険性もあります。なので相手がフリーかどうかは必ず確認をし、最悪既婚していることを隠されてても良い程度にしか付き合わないようにする、など自衛しなければなりません。もちろん自分にも彼女や彼氏がいるならばなおさら注意しなくてはなりません。

 

男女の友情は成立が非常に難しいものです。お互い節度を守って趣味を楽しむための努力が必要となります。